ゆび化粧ぬの ストーリー



【ゆび化粧ぬの ができるきっかけ】


すべてはあるお客様の何気ない

ひとこと からはじまりました☝︎


メイクブランドでお勤め時代。

お客様にいつものように、たくさんのメイクアップツールを使い 手鏡をお渡ししたときのことでした。

『久下さん すごくキレイにしてくれてありがとう。でも私こんなに手が込んだことを朝からやってられなわ。私はなんでも指にとって ササっとつけるのよ』


そのときに私はハッとしました。


たくさんのメイクアップツールを使いプロフェッショナルに美しく仕上げることはとても価値があるということは間違いないことです。

しかし、現代の多くの女性は家事、育児、仕事にと

とても朝から忙しいです。


そしてときには身だしなみとして

  『しなければならない』という感覚 から

メイクをすることもあるということ。


ときに プロフェッショナル よりも

大事なことがあるというこに気づきました。



その大事なことは


自分でできること

多くのメイクツールを使い、技術が高いスタッフが行うプロフェッショナルなメイクは 自宅の慌ただしい朝から再現することはとても難しいです。

自分でできないと実用性は低くなります。


今よりも簡単、早く、キレイ

今されているメイク方法よりも、

簡単で早くキレイにできるということ。


その気づきから なんとか指感覚で

簡単にメイクできないか という発想から 

 『ゆび化粧ぬの』が生まれたのでした☝︎